スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分からないではなく、決めてみる

レッスンをしていてよく聞く言葉「どう弾いていいのか分からなくて~」

こちらが逆に聞きたい「分からないって何が?」

そもそも最初から分かる必要などない。
出来て初めて分かるもの。

それよりは一つ一つの音を出すためにどうするか、自分で決めてみる。

決めたことをクリアーした時、「もっとこうした方がいいのでは?」と
新たなアイデアが生まれる。

教える立場からも、生徒が「こうしよう!」と意思を持って演奏していると、
仮にそれがまちがっていたとしても「この方がいいんじゃない」とアドバイスしやすい。

自分は箏で生計を立てている。
その立場からすると矛盾していると思うが、
自分の力で上達できる生徒を育てようとしているのかも?

”分からないではなく、決めてみる”

いせきんが近頃気に入っているフレーズである。

初音会琴(箏)教室
無料体験レッスン
井関一博KOTO空間
KOTO空間プロジェクトネットショップ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。